ライブ配信 撮影禁止の場所で配信を行うことはNG行為

ライブ配信

ライブ配信をしてみたいという人たちはここに来て急上昇しています。しかし、安易にライブ配信と向き合っていいものでしょうか。ライブ配信で注意しなければならないことってなんなのでしょうか。そのような問題もあらかじめしっかり
researchする必要があります。

ライブ配信 あなたはこんなことに注意しなければならない

ライブ配信を気軽にモチベーションで。全然それで問題はないと思いますが、あらかじめこのようなことはチェックしておく必要があります。

現在、ライブ配信は、非常に多様化もし、スマートフォンオンリーでライブ配信という人たちもいらっしゃることでしょう。ですから気軽に若い人たちもライブ配信と向き合っています。

しかし、ライブ配信で配信されたものはinformationであり、informationはなんでも配信して良し!ということではありません。

こんなライブ配信はNGなのは当たり前

こんなライブ配信はNGなのは当たり前、あなたには、しっかり常識というものも備わっているでしょうか。

撮影禁止の場所で配信を行うことはまったくもってNG行為です。そのようなことで「えーっなんで?」ということは言わないでいただきたいですね。

また、 禁止された方法(ドローンの撮影など)に対して、刑事上・民事上の不法行為に抵触してしまう可能性もありますので、しっかり配慮してライブ配信と向き合うようにしてください。

良かれと思っても違法行為かも

あなたは、ライブ配信に対して、相当意識して向き合わないことには、良かれと思っても違法行為となってしまうかもしれません。実際には、ライブ配信って、いまスタートしたばかりの新しい発想なのです。

そのようなものに対して、あなたがいいと判断しても法律に触れてしまった、そして、 法的問題に発展する可能性もあります。

でも、常識があれば、おおむね逮捕される事態になる可能性は少ないと思いますね。こんなライブ配信の冒険をしてやろう……と思っている人たちは、しっかり法律的問題を確認しながらライブ配信をするようにしてください。

例えばVTuberでライブ配信という場合、CGキャラクターやイラストの著作権というものもありますし、 ライブ配信で有名キャラクターの着ぐるみを着た場合が二次著作物にあたってしまうかも……ということまで配慮しなければなりません。

是非とも、そのような
ことを注意して楽しいライブ配信を実現してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました