ライブ配信のヒト集めの問題を解消 大事なコミュニケーション

配信テクニック

ライブ配信でなかなかヒトが集まってくれない……、そのようなとき、ライブ配信の場合はこれに相当するのが「テロップ」を意識しましょう。大事なのは、 「見てくれる人」を増やすより「コメントしてくれる人」を増やすモチベーションです。

このような感じで段階を踏むことで、いい感じにライブ配信に多くの人たちが来てくれるようにすることができます。

何をやっているのかを伝える「テロップ」が必要

街でライブをしているのを見つけたとき、やっぱり、「何をしているんだろう……」と気になっていることでしょう。ライブ配信では、
何をやっているのかを伝えるテロップを書くことによって、周囲の人たちに関心を持ってもらうことができます。

YouTubeの動画でなら「タイトル」のことであって、タイトルはいい加減でいいという気持でいると、なかなか人たちは集まってくれないと思います。

送ってもらったコメントはできるかぎり読む

そして、ライブ配信者に多くの人たちが来て欲しいと思っているあなたがしなければならないのは、送ってもらったコメントはできるかぎり読むことです。送ってもらったコメントはできるかぎり読んでもらうことって、結構感動の対象です。

そのような行為によっていいコミュニケーションを持たせることができます。

定期的、定時的にライブ配信をしよう

ライブ配信で、多くの人たちに来てもらうため、大事なのは、頑張って定期的、定時的にライブ配信をすることです。

ちょっと程度人が来ないとめげないでライブ配信を続けてください。定期的というインプレッションを与えることができ、「毎週水曜日の8時ぐらいにライブ配信をしている」という印象を与えることができれば、 なんとなくそこに人たちが段々と集まって来てくれることでしょう。

なんとなくライブ配信に来てもらうことができるセッティングをして、辛抱するモチベーションが大事です

初めは10人程度から

最初から、たくさんの人たちがライブ配信に来てくれればいいですが、みなさんそれぞれ、いろいろ努力した結果、そのような状態になったのだと思いますよ。

最初、ライブ配信をスタートしようと思っている人たちは、初めは10人程度を目標値に置くといいでしょう。ライブ配信は視聴者に参加してもらうことが目的ですが、その前にあなたがしなければならないのは、コミュニケーションをしっかり取ることです。

そのような意味ではやっぱりその程度の人数が限界ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました