ライブ配信で配信音響機材に凝る

配信機材

ライブ配信をしたいという人たちは、少しは機材に関心を持つと、もっとライブ配信を有意義なものに変えることができます。

イチナナやSHOWROOM、Pocochaなどの投げ銭ライブ配信を実現したい!やっぱり、ライブ配信を見る人たちは、クオリティーの高いものを見たいと思っているでしょうし、エコーをかけてトークをしたり歌ったり、BGMを流したりすることで、心地よいスペース空間をここに作り出すことができます。

そのような工夫をあなたがライブ配信に対してすれば、見ている人たちもあなたのライブ配信をもっと見たいと思うでしょう。

ライブ配信初心者という人たちだからこそ、配信音響機材に凝るというモチベーションが大事だと思いますが。

配信音響機材の全体を理解しよう

ライブ配信初心者という人たちは、まずは、配信音響機材の全体を理解してください。基本、スマートフォンひとつでライブ配信はおこなうことができます。

部屋に音楽を流してそこで歌えば、スマートフォンでライブ配信は成立です。しかし、それでは、相当レベルの低いライブ配信と言わざるを得ません。

部屋の空間の音を、スマートフォンのマイクが拾うという行為は、ライブ配信を聞いている人たちにとって、シャカシャカしたちょっとした不快感を与えてしまうことになります。

シャカシャカした音を改善するためには、BGMをパソコンから配信用のスマホにケーブルで繋ぎ配信させることで、聞く人たちにいいインプレッションを与えることができます。

ただし、BGM音源をスマートフォンに繋げば、ライバーの声がマイクがオフとなり配信することができなくなります。

ですから、ミキサー(オーディオインターフェース)が必要不可欠な存在となり、ミキサー(オーディオインターフェース) が、「BGM」と「声」の2種の音を一つにまとめてスマートフォンに送るための中継地点となってくれることでしょう。

ライバーの声を拾うためのマイクと、ミキサーにマイクを繋ぐためのキャノンケーブルは必要となるのですが、ミキサー(オーディオインターフェース) には、ミキサー(オーディオインターフェース) 自体に、マイクが内蔵してあるものもあります。

おすすめの ミキサー(オーディオインターフェース)

ライブ配信初心者という方々におすすめの ミキサー(オーディオインターフェース) は、TASCAM(タスカム) 家庭用放送機器(USBオーディオインターフェース) MiNiSTUDIO PERSONAL US-32Wです。

このような商品にもちょっと拘りを持ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました